×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レーシックで視力が回復するメカニズム

レーシックはすべての人ができるわけではありません。まずはクリニックで検査をしてできるかできないかを診断してもらいます。レーシックが主にできない方は、角膜が極度に薄い方や眼の病気、その他妊娠中の方、強度の近視の方などができないとされており、それ以外でも医師の判断でできない場合があります。

レーシックは角膜の手術のことで、普段はコンタクトやめがねなどで屈折した焦点をあわせていますが、このレーシックは角膜の屈折した焦点をレーザーであわせることで、コンタクトやめがねなどと同じ視力いあわせることができます。根元から治せるのでめんどくさいコンタクトなどもケアーが必要なくなります。

レーシックは角膜の手術なので、目自身を傷つける心配などもないし失明などもないので安心です。


 

レーシックのメカニズム
レーシックで視力が回復するメカニズム
レーシック手術方法
レーシックの手術方法とその後は?
リンク
リンク集

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

視力矯正のレーシック情報 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加