×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レーシックの手術方法とその後は?

レーシックの手術はクリニックなどでの検査からはじまり問題がなければ手術が可能です。レーシックの検査には2、3時間かかり念入りに検査されます。
レーシックの手術はまず点眼麻酔をしますが、目薬と同じ感じで痛みはありません。
麻酔後に目を器具などで押さえレーザーがあてられます。その後フラップというもので目にふたをして終了です。

レーシックの手術時間はおよそ20分ぐらいで手術後の痛みもありません。
術後の翌日にはだいたいの人が視力が回復しています。レーシックの手術直後はまぶしかったりなどがありますが、その場合などはクリニックで点眼薬やめがねなどを無料で処方してくれたりなどします。
翌日にもクリニックなどで検査があるのでわからないことなどを聞いておいたほうが良いと思います。


 

レーシックのメカニズム
レーシックで視力が回復するメカニズム
レーシック手術方法
レーシックの手術方法とその後は?
リンク
リンク集

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

視力矯正のレーシック情報 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加